『Apple Watch3で サードパーティ製のランニングアプリで心拍を測る時の設定方法』

隅田川とスカイツリー

ランニングのお供にガーミン220Jを連れて行っていた。

とっても軽くてシンプルな機能が気に入っています。

しかし最近バッテリーの持ちが悪くなってきた。

そのタイミングでApple Watch3が発売されて飛びつきました。

Apple Watch3

Apple Watch3は心拍がとれる。

うれしいぞ!

早速NIKEのランニングアプリを使って走ってみる。

心拍とれない。

うーん。

もやもやしながら友人のオススメのStravaというアプリを導入。

もしかしてこれなら心拍とれるかも。

はい、とれません。

色々といじっていてわかりました。

設定

Appleのワークアウトアプリの設定のようです。

Apple Watch設定画面

Apple Watch設定画面

Apple Watchの設定→一般→ワークアウトの順番で入っていく。

省電力モードをOFFにしないといけないようです。

Apple Watch2ではこんな設定はしなかったはずと友人は言ってました。

みなさんお気をつけくださいませ!

紹介のアプリ・ガジェット

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)