『Apple Watch3で サードパーティ製のランニングアプリで心拍を測る時の設定方法』

隅田川とスカイツリー

ランニングのお供にガーミン220Jを連れて行っていた。

とっても軽くてシンプルな機能が気に入っています。

しかし最近バッテリーの持ちが悪くなってきた。

そのタイミングでApple Watch3が発売されて飛びつきました。

Apple Watch3

Apple Watch3は心拍がとれる。

うれしいぞ!

早速NIKEのランニングアプリを使って走ってみる。

心拍とれない。

うーん。

もやもやしながら友人のオススメのStravaというアプリを導入。

もしかしてこれなら心拍とれるかも。

はい、とれません。

色々といじっていてわかりました。

設定

Appleのワークアウトアプリの設定のようです。

Apple Watch設定画面

Apple Watch設定画面

Apple Watchの設定→一般→ワークアウトの順番で入っていく。

省電力モードをOFFにしないといけないようです。

Apple Watch2ではこんな設定はしなかったはずと友人は言ってました。

みなさんお気をつけくださいませ!

紹介のアプリ・ガジェット

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。