50歳も近くなって毎日ランニングなんかしていると言うことは、それなりに健康に関して興味が高い。

そして、ブログなんかやっている人達は皆さん、それぞれ一過言ある人達ばかり。

健康志向が高い人も多い。

そんな中にいると、健康•栄養•睡眠とか気になるキーワードが満載。

いろんなキーワードがある中で、カフェインの話しが出てきた。

どうやらカフェインとは上手に付き合わないと、健康によろしくないようだ。

タリーズでデカフェ

夕方に仕事をしようと、タリーズに入った。

そんなに神経質になっていなかったけど、ふと「カフェインは午後2時以降は睡眠に悪影響を与える」とか書いてあったのを思い出した。

カフェインレスの飲み物は、メニューをザッとみても見当たらない。

「カフェインが入っていない飲み物はある?」

「そうですねー、ジュース類くらいですかー」

「そうか−、ジュースは飲みたくないら水でいいや」

とペットボトルの水を買おうとした。

「あっ、お客様デカフェがあります」

「おっ、それいいね」

と言う事でデカフェを注文。

▲ こんなん出てきた。

タイマーが付いていて、4分たったら上の出っ張りを押して、飲んでくれと言うこと。

写真は押し込んだ後。

感想

昔のデカフェは、味が薄くて美味しくなかった。

このデカフェは普通のコーヒーに負けないくらい、味も香りもある。

これなら、いい!

カフェインレスなので軽い。

わたしは、コーヒー飲むと喉が乾くけど、喉も乾かない点も良い。

カフェインを抜く方法はいくつかあるようだけど、タリーズの豆はウォーターマウンテン製法と言うやつでカフェインを抜いているそうだ。

ざっくり言えば、生豆を水に漬けてカフェインを溶かして取り除くと言うことらしい。

有機溶剤とか使わないから安全安心。

あまり気にしないで買ってみたけど、そういえばと思い調べてみた。

有機溶剤使っているのは、ちと怖い。

調子に乗って

▲ 自宅用に買ってしまった。

生活感溢れる食卓が写ってしまった。

朝は、普通にコーヒーを淹れて飲むのに、出番があるのだろうか。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら