【有楽町の東京交通会館にパスポート申請来たら、激混みでビックリした!】

台湾でラーメン屋さんを出店している社長さんのアテンドで、社長仲間で台湾視察に行く事になった。

海外という事は、当然パスポートが必要。

海外旅行なんか、26歳の時に行ったきりでとんと縁が無かった。

当然失効している。

という事で、久しぶりに有楽町交通会館にパスポートの申請に来た。

東京交通会館

▲ 昭和っぽい建物

ここの2階にパスポートセンターがある。

▲ 案内板に従って曲がってビックリ!

▲ フロワーから溢れる程の人が!

この列が階段の下まで続いている。

総合受付のおばちゃんおねーさんに「あの列は申請待ちなの?」と聞いたら。

「普段はこんなに混んでないけど、お盆の時期は毎年特別混むの」

というお返事。

正確な時間はわからないけど、2時間以上は確実にかかるという事。

当然そんなに待てない。

お盆過ぎてから仕切り直し。

まとめ

パスポートの申請は早めに。

そして、お盆時期は絶対やめた方が良い。

勉強になった!

v(。・・。)ツイテルイエッイ♪

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。