『「やりたい」と「やらねば」の大きな違い』

鳥越神社の柿の木

〜したい=「やりたい」

〜しなければ=「やらねば」

言葉は似てるけど、大きな違いがありますね。

ランニング

毎日走る事で、意思の強いカッコいい大人になりたくて走りはじめた。

凝り性なので、走る事にのめり込んでいく。

シューズもランニングシューズからファイブフィンガーズ、ルナサンダルと裸足系にいった。

ランニングシューズとは全然違う、足が自由な感じが楽しい。

「やりたい」

状態になる。

富士山マラソンをルナサンダルで完走した。

自分的に満足できない結果になる。

そこから少し様子が変わって「やりたい」から「やらねば」に心境が変化している事に気がつく。

家を出るまでが億劫でしょうがない。

走りだせば、楽しくなる事のほうが多いけど。

なんでだろう

「なんでだろう」と悶々と考えていた。

我ながら面倒な性格。

うーん

実は走るのが嫌いだった。

単純に飽きてしまった。

燃え尽き症候群。

結果、よくわかんない。

まとめと

雑なまとめになりますが。

あんまり深く考えないようにしよう。

頭で考えてもどうせ答えなんて出ないし。

とりあえず、走る事はやめたくないのでボチボチ走ろう。

力抜いていきます。

ただ単に寒いからかも。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。