『北海道は倶知安の卵オタク、石川養鶏の卵』

石川養鶏場の玉子

毎朝、ゆで卵を食べいます。

好きなのと栄養面の両方から。

そして、ご縁で北海道は倶知安から卵を送って貰ってます。

石川養鶏場

卵を作って50年。

遺伝子組み替えでない飼料にこだわる。

一度、電話で話したけど卵を語って止まらない!

ものすごい卵愛を感じた。

鶏はとても正直な生き物です。何かしらの工夫をしてそれが良かったのかどうかは、すべて生まれてくる卵が語ってくれます。ストレスがあれば卵は生臭みを出して教えてくれます。栄養が足りているのかどうかは黄身を味わえば教えてくれます。年齢や体調は白身や殻が物語ってくれます。卵を通じて鶏たちと会話することで、より美味しく、より安心して食べていただけるような卵作りを心がけております。

石川養鶏場のHPより

卵を通じて、鶏と会話するとか言ってるし!

最初に食べた印象

全然、まったくインパクトが無かったのです!!!

もっとインパクトがあって。

「おお!これはーー」

とか思うのかと思っていた。

「ふーん」

とか思いながら、40個頼んだので普通に毎朝食べていた。

そんでもって

再注文どうしようかなーとか思っていたら、卵が無くなったので妻がスーパーから普通の卵を買ってきた。

わたしは、それを知らずに普通に食べた。

「なんだこれ、生臭い、、、、!」

なんと!

スーパーで売っている卵は生臭いし、変に塩っぱい、そして味が平たんで奥行きがない。

はっきり言って食が進みません。

へっー、こういう事ね。

そういえば、電話で話した時に飼料の質で全然違うと言ってたな。

という事で、もう石川玉子は手放せません。

しかも、値段もそんなにお高く無い。

養鶏場に見学に行く約束している。

楽しみなのだーー!

店でもこの卵で、だし巻き玉子やる。

HPはこちら

ちなみに卵はこの本からの影響です

この本も極端ではありますが。

卵を食べれば全部よくなる
佐藤 智春
マガジンハウス
売り上げランキング: 170,800

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。