【少年ジャンプ展の広告を見て歴史って凄いと思った】

上野で飲んだ後秋葉原で乗り換えた。

電車を降りて、ふっと見ると少年ジャンプ展というのが見えた。

▲ 懐かしいのから全く知らないキャラまで。

少年ジャンプの創刊は1968年ということ。

わたしの1つ下だった。

わたしの子供の頃に憧れた、サーキットの狼や筋肉マン、包丁人味平からわたしが全くわからないキャラクターまで1枚に描かれていた。

歴史だけはいくらお金を積んでも買えない。

一枚のポスターに50年の歴史が描けるのは、なんか感動的だ。

うちのお店は、創業40年。

15年来のお客様もいる。

ありがたいことだ。

これからも、お客様にとってなくてはならないお店、会社になって行こう。

などと、思った夜だった。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。