なかなか、備忘録が書けなかった。

記憶が薄れてしまう。

なんとか思い出しながらいってみよう。

父親が亡くなった。

【父親が亡くなってから】

▲ 詳しくはこちら

なんとか、相談をまとめて解散。

前日まで

父親を斎場に預かって貰ったので、特にお通夜までやることも無い。

かと言ってガッツリ仕事をしたり、子供と遊んだり、走ったりするのも不謹慎な気がしてダラダラと過ごしていた。

斎場に行っても線香もあげられないし、、。

今回、葬式をお願いしたのはメモリアル・ニッソーさん。

こちらの会社が色々と親切で、お葬式までのながれやお香典返しの仕方、納骨の注意点など細かく書かれた印刷物をファイルにして、わざわざ自宅まで持ってきてくれて「なんでもわからない事があったら、電話下さい」と言って携帯電話も教えてくれた。

実際、いくつか細かい事で電話させて貰って、すごく助かった。

お通夜当日

18時からお通夜が始まるスケジュール。

16時半に来て下さいとの事だったけど、遅れる訳にはいけないと15時半に到着。

▲ 用意真っ最中

▲ お花がたくさん出て立派な祭壇

お花を並べる順番があるって、葬式初めてなので初めて知った。

喪主の所が一番近い人。

それから左右に別れるらしい。

葬儀屋さんに

「喪主さま、お花の順番はどうしますか?」と聞かれた。

「へっ?」

早く行って良かった。

納棺

それから、納棺師の方が親父の面倒をみてくれた。

「顔が乾燥しないようにベビーオイルを塗りりました」と納棺師の方。

▲ これが凄い!

なんと綿を折って、羽織袴を着せてくれた!

立派にして貰ってありがたい。

そして、白装束に脚絆の紐が解けないように固結びにして、草鞋、傘、杖を持たせる。

三途の川の渡し賃、六文銭を印刷したものを、落とさないようにしっかり胸元に入れる。

そして、守刀を襟に。

旅支度をする。

お通夜

うちの宗派は曹洞宗。

お寺さんにお経をあげて頂く。

そして、ご焼香。

いつもご焼香は何回するんだろうと疑問に思う。

通夜振舞い

そして通夜振舞い。

本日は解散。

「社長、社長」と呼ばれるて、決断するのは慣れている。

「喪主様どうしましょう」と決断を迫られるの初めて。

これまた人生初体験。

 

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら