水は飲まなくてはいけません。

人間は65%くらい水で構成されている。

尿や汗、呼吸から水分を失っている。

失った水分は、補給しないとね。

脱水症状

人は脱水症状になる、汗が出なくなり体温調整ができなくなる。

体温調整できないという事は体温がどんどん上がる。

汗やおしっこが出なくなる、体内の老廃物が出なくな、血液の流れが悪くなる。

機能障害を起こして死んでしまう。

死にたくなければ、水分補給。

おおげさか。

Water Minder

わかっているけど、ついつい忘れがち。

水分補給のタイミングを教えてくれるのが

「Water Minder」

iPhoneにインストールすれば、Apple Watchと連動してくれる。

▼ こんな感じで教えてくれる。

体重とか、活動量とかを初期設定しておけば、1日の必要量とか計算してくれる。

▼ 補給した水分を可視化してくれる。

▼ Apple Watchからも入力できる。

わたしの場合

1日に必要な水分は2602ml

教えてもらっても、なかなか達成できない。

アプリ導入であきらかに、水分とるようになった。

まとめ

生死をわけるのは、おおげだけど、水分補給はしないと。

お肌もカサカサになるしね。

「Water Minder」はこちら

WaterMinder

360円
(2018.01.21時点)
posted with ポチレバ

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら