【静けさ】

妻のママ友で、作家の川崎いずみさんが企画したイベントに参加してきた。

川崎さんが普段作品を作る作業場で、川崎さんの作品とクラヴィコードという楽器の演奏を聞くというコラボ企画。

「流体交差点Vo1」夏の結晶

川崎さんの作品

後ろの絵は、どんどん加筆していって、変化を楽しむコンセプトだそうだ。

なんか一見おどろおどろしい感じもするが、水墨画みたいにも見えて、次に見る機会が楽しみだ。

ママ友ゆえに小さな子供も沢山参加していた。

テントの中で寝っ転がってみたかったが、子供達の手前我慢してみた。

クラヴィコードという楽器を初めて知った。

オルガンやチェンバロ、ピアノなどと並行して、16世紀から18世紀にかけて広く使用されたとWikipediaに書いてあった。

仕組はWikipediaで詳しく書いてあるので、そちらにおまかせして。

とにかく音がビックリするくらい「小さい」

普通に大人が、しゃべる声より小さい。

賑やかな居酒屋で演奏して、隣の人でも聞こえないのでは無いかと言うほど小さい。

でも音が小さいがゆえに、黙って音に集中するのでとても心地よい。

目をつぶって、小さい音を集中して聞いていると、頭の中が小さい音だらけになって、いつの間にか寝てしまった。

なんだか瞑想状態のようになったのか(瞑想できないけど)

瞑想する人は、呼吸に意識を集中して雑念を取り払うとか言う、なにかに意識を集中するのは難しいけど、なんだか自然と小さな音に集中できた。

ここに注目 !

現代社会、大きな音に満ち溢れている。

自己主張をしないと、埋もれてしまう。

わたしに「注目!」と大きな声で叫んでいる。

とても疲れてしまうし、暴力的ですらあると私は思う。

もちろん、激しく主張しなければならない時もある。

でも、人と人とのコミュニケーションの場で「こちらに注目!」と一歩通行な呼びかけではなく、注目せざるおえないような仕組、双方向型で注目してもらえないものだろうか。

力で注目をして貰うと、もっと大きな声のところに引っ張られてしまう。

「みんなここに参加してるんだよ」と呼びかける事が出来れば、小さな声でも集中して貰える。

闇雲に大きな声をだすか、仕組で注目して貰うか。

どちらも同じく注目して欲しいという結果を求めているが、発信する側の発信する態度で結果は変わってくる。

どちらが良いかは、場面で違うな。

わたしはどちらが好みだろうか。

などと、小さな音を聴き、半分寝ながらそんな事を考えてみた。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)