【ろばた焼き屋社長の裸足ランニング日記】〜今日はとても気持ちよく走れたぞ

本日半パン、半袖。

マラソンは本来、冬がシーズンだがわたしは寒いの苦手やっぱり暑い方がよい。

軽装で裸足ランニング。

楽しみな季節になってきた。

本日のランニング

▼ 8.51km

思いっきりペースを落として走ってみた。

使っているアプリ

Nike+ Run Club

無料
(2018.01.19時点)
posted with ポチレバ

裸足でフルマラソンを完走できる気がしない

裸足で42kmを完走できるとは到底思えない。

でも挑戦してみなければわからない。

サンダルでサブ4も達成しているので、走力は問題ないだろう。

ただ足の裏が持つのかどうかが不安である。

ネットで検索してみた

「裸足でフルマラソン完走」と検索してみた。

なんとドンズバなブログにヒットした。

「月間走行距離なんて知りません」というブログ。

そこには裸足で走る思いや経験が情報としてたくさん書かれていた。

これだからブログはたまらなく面白い。

こんなニッチな情報を発信してくれている人がいるなんて。

感謝!

このブロクにこう書いてあった

「大抵の人はペースが早すぎる、ペースは足が勝手に教えてくれる」

この言葉にとても救われた。

そうかペースを落としていいんだ!

こんな普通の事に気がつかないでサンダルで走っていた時のペースに囚われていた。

とういう事で自分が走れるペースで足と相談しながら走ってみた。

まとめ

ペースに囚われずにゆっくり走ってみた。

とても楽しく走れた。

久しぶりの感覚である。

初めてファイブフィンガーズを履いて走った時はとても気持ちよかった。

なんか足が自由になった気がした。

その感覚をしばらく忘れていた。

思い出せてよかった。

そうだよね。

気持ちよく走らないとね。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。