テレビを買い替えた。

今まで使っていたやつが、7年くらい使っていて、画面に黒い縦筋が入っていてなんとなく不快である。

ブルーレイレコーダーもトレーが開かなくなって、困っていたので思い切って買い替えた。

冬季オリンピックもやっているし、って関係ないね。

どうせ買うなら4Kだ!

どうせ買うなら、ある程のものが欲しいのが人情である。

実は値段もそんなに変わらない。

そりゃ、最上級機種はものすごい値段するけど。

ヨドバシカメラにいって、いろいろと聞いてみる。

メーカーは東芝の「REGZA」一択。

以前使っていた、テレビ、ブルーレイがREGZAで、ブルーレイレコーダーのHDDに入っているデータを移植したいと妻の希望があったので、REGZA同士の方が良いだろうという理由から。

なにやら、4Kというのがいいらしい。

よくわからんが、どうせ何年も使うものだから写りが良い方がよいだろう。

音も良い方がいいねー。

とかなんとか言いいながら結構たくさんシリーズがあって迷ったが。

店員さんと、妻と相談した結果。

REGZA、BZ710XSERIES

重低音「BAZOOKA(バズーカ)」というサウンドシステムが売りの機種にした。

なにやら、バズーカウハーというやつが搭載されているらしい。

バズーカだもんな、期待してしまう。

ブルーレイレコーダー

こちらはそんなに、選択肢もなくこちらとしても、こだわりはなく。

DVDが見れて、録画できればよいということで、HDDの容量で決定した。

DBR-W2007

1番下の機種で、HDD容量が大きかったので、こちらに決定。

それでも、ごちゃごちゃとなんか機能がついているけど、わたしも妻もあまり興味ない感じ。

まとめ

到着して配線して、テレビをつけた!

おお!

電気屋さんの家電コーナーのようだぞ。

映像もものすごくキレイだし、売り文句のバズーカシステムもよくて、ステレオから音を出しているようだ。

ブラウン管のテレビから、薄型テレビに変えたときにも、映像のキレイさにビックリしたが、今回もビックリした。

進歩だなー。

普段テレビをみないのに、ついついオリンピック中継を見てしまった。

こんどテレビを買い替えるときは、どんなことになっているのだろうか。

ヨドバシポイントもたくさん貯まっているので、AppleTVを買おうかな。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら