ドライヘッドスパというマッサージをうけてストレス発散!【ルアンルアン・池袋店】

PC・スマホ、読書と目を使うことが多く、姿勢もわるいようだ。

睡眠をとっても、朝は首と肩がこわばっていて痛い状態で起きるので、全然すっきりした感じがない。

これは困ったということで、マッサージにいくことにした。

さすがにプロ!

スッキリとした。

ルアンルアン

アジアンテイストの足裏リフレクソロジーを中心としたサロン。

アジアっぽい個室で、リクライニングベッドで施術してくれる。

よくあるマッサージ屋さんの顔の部分に穴が空いている、ベッドに俯せになるより、わたしはこちらの方がすきだ。

足裏だけでなく、全身もマッサージしてくれるが、このときは抱き枕みたいな物を使って横向きでやってくれるので、息が苦しくならなくて良い。

ドライヘッドスパ

タオル越しに、目・頭皮・肩・首筋と緩めていってくれる。

これは気持ちがいい!

何度か意識が飛びそうになったが、ずっーと施術してくれた子とおしゃべりしていたので、寝落ちは回避できた。

60分しっかりやってもらい、終わった後は首もだいぶ軽くなったが、ビックリしてのは目がよく開くようになった。

視界が開けたといった感じか。

最後にワンポイントストレッチの仕方を教えてくれて終了。

はー、気持ちよかった。

接客も感じがいいし、また疲れがたまってきたら、やって貰おうと思う。

自分でストレッチなどもやっているが、やはり人にマッサージして貰うのは気持ちがよいのだ。

今度は、全身のマッサージかな、足裏リフレも捨てがたいが。

ルアンルアンはこちら

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。