私が自室で仕事をしていると。

下から、なにやら娘が泣き叫ぶ声がしてきた。

6歳の娘が、iPad miniでゲームをやりたいと妻に言ったらしい。

妻は「お部屋を片付けてからならしてもいいよ」と言ったらしい。

すると娘は、無視をしたらしいし。

妻が、無視をするならゲームはやらせないと言ったらしい。

娘が、妻のお腹に噛み付いたらしい。(噛み付くってすごいね)

妻が激怒したらしい。

わたし、この時点で参加。

最初は、優しく事情を聞こうとする。

妻、娘に説教。

娘聞いていない。

わたし、娘に説教。

iPad miniのカバーをめくって、チラチラ画面を見ている。

わたし激怒!

iPad miniを玄関に叩きつけて壊す。

完全に壊す。

子供大泣き!

妻、言い聞かせ。

わたし「馬鹿もの!!」と娘に怒鳴る。(馬鹿もの!!って怒鳴ったの生まれて初めて)

娘大泣き。

妻、言い聞かせ。

娘大泣き。

妻、言い聞かせ。

娘なに言ってるか支離滅裂。

妻、言い聞かせ。

なんとか収まる。

以前にも娘がiPad miniでゲームに夢中になってキリがないので怒った事がある。

わたしもゲームが好きで、徹夜でゲームをしていた事もある。

凄く無駄な時間だった。

程々で止める事が出来ればいいが、なかなかそうもいかない。

1度、大人もスマホをいじっているのに、子供だけ禁止は筋が通らないという事で、居間でのスマホを禁止した事がある。

結局、済し崩しになる。

この繰り返しだった。

この出来事で学んだ事

iPad miniを壊した、わたしも泣きたくなった。

でもiPad miniがなくなれば、そもそもゲームが出来ないのでスッキリした。

親は手本を示さなくては。

そしてゲームを禁止するなら、親がもっと相手をしてあげないと。

子供は親の真似をする気を付けなければ。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら