ランニング

皇居坂の坂上からの風景

本日も皇居の外周を走ってまいりました。
最近少しオーバーワーク気味なので、ストレス解消と身体の疲労をとるために、緩いペースで軽く一周。

ガーミン記録

6月に千歳マラソンにエントリーしていますが、今回はタイムを縮めるレースではなくて、ビブラムというハイテク地下足袋なようなもので、42.195キロを走ってやろうという目論見があります。このビブラムというシューズなのですが特徴があります。

まず1つは5本指につま先が分かれているということ、そしてクッションがほとんど無いという事です。

なぜクッションが無くて5本指に別れているへんてこなシューズを履いているかというと、素足に近い感覚で走れるということです。

それでは何故に素足で走るのが良いかというと、足裏にある身体のバランスを司る器官を鍛えるためであります。厚底のシューズを履くことでこの器官が鍛えられないので人間本来の走れ方が出来ず、逆に故障の原因となる可能性があると言われています。

ただこのシューズも注意しなくてはならない点は、本当に全くクッションがないのできちんとした指導の元使用しないと足がぶっ壊れます。事実わたしもこのシューズを履いて走りはじめたころは、右足の甲とふくろはぎの激痛でまともに歩けなくなってしまった事もあります。

その後きちんとトレーナーに走り方の指導をして貰っていまでは普通に走ることが出来るようになりました。

履いている完走としては、足が強くなったと感じています。筋トレをして筋肉が発達したという感覚ではなくて、山道で鍛えたこの足!という感じで骨太になったように感じております。

是非とも千歳はこちらで完走するのが目標です。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。