関東マツダにリコールの問い合わをしたらしっかりとした電話応対で感心した。

関東マツダから「リコール等に関する重要なお知らせ」と書いてある封書がと届いた。

おいおいリコールかいな。

以前にも1回きているのでこれで2回目である。

どんな内容なんだろうと開封してみた。

えっ、リコール?

関東マツダから郵便が届いた。

リーコル等のお知らせとか書いてあるよー。

リコールかいな、嫌だなーと思いながらもどんな内容なんだろうと少しワクワク。

ちなみに微妙に名前が違う。

内容

開封してみた。

なになに、何が書いてあるのだろう。

「ご愛用車のサービスキャンペーン(商品性向上)実施に関するご連絡とある。

フムフム。

色々と書いてあるが要するに「コンピューターをいじって、もっと楽しく走れるようにしますよ」という事らしい。

是非ともディーラーに持ってきて下さいという連絡だった。

早速電話

わたし
「あの、リコール等に関する重要なお知らせが届いたのですが」
ディーラーさん
「そうですか。誠にご迷惑をおかけしました
わたし
「いえいえ、商品性向上という内容でしたので、全然迷惑してないです」

というやりとりがあった。

第一声に「誠にご迷惑をおかけしました」

これがすぐに出るのに感心してしまった。

うちの店ではこんな対応が出来ているだろうか。

ちょっとだけ心配になってみた。

まとめ

やはり大きい会社は違う!

しっかりと教育が出来ている。

そんな事を気付かされた電話対応。

電話は表情が見えないから言葉使いだけで印象が変わってしまう。

さすがだなー。

うん!

うちも負けないように頑張ろう。

社員がお客様からお褒めの言葉いただけるよう教育していこう。

社員が褒められれば、わたしも嬉しいし、社員だってモチベーションがあがるはずである。

改めて社員教育をしっかりとしていこうと思った日であった。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。