妻の誕生日だったので子供達とケーキを作りました(飾り付けしただけですが)

妻の誕生日でした。

折角なので、ケーキを作ろうかと。

でもスポンジから焼くのは流石に面倒。

市販のスポンジは、甘くて食べられない。

そこで!

藤井さんに相談して、スポンジと飾り付けキットを送ってもらいました。

ケーキキット

▼ 冷凍されたスポンジ。

▼ 飾り付けのチョコレート達。

▼ うちで用意するのは、生クリームとイチゴだけ。

▼ グラニュー糖と洋酒も、生クリーム200mlに対して、軽量していれてくれました。

実際やった事

生クリームにグラニュー糖と洋酒をいれてホイップ。

▼ イチゴを切る。

▼ スポンジにホイップクリームをペタペタ塗る。

▼ イチゴ並べる。

もう一段同じことやる。

重ねたら全体にホイップクリーム塗る。

▼ 絞り袋で絞りまくる

▼ イチゴをのせる

▼ 飾り付けをのっける。

▼ 食用転写シートというのを付けてくれました。

▼ チョコの上においてボールペンなどで書くと転写されます。

これは超絶便利。

▼ 完成

男と子供のレベルですが、なかなか良く出来たのではないかと。

自画自賛。

まとめ

なかなか楽しかったです。

初めての経験なので、ホイップがあまくて柔らかくなってしまいました。

おかげで、縦がキチンと塗れませんでした。

それでも、なんとか形になってよかった。

藤井さんのスポンジは甘さ控えめ。

食材も安全安心。

おかげで美味しく食べられました。

藤井さん、スポンジだけの販売もしてくれます。

気になる方は、連絡してみてください。

お菓子のふじいはこちら

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。