『証券会社で口座開設』

皇居附近の風景

父親の遺産相続の為に、証券会社で口座開設をしてきました。

べつに投資とか全然興味ないけど、相続するのに必要だという事なので。

大した金額でもないし、ちょいと面倒、、。

いやそんな事言ってはいけませんね。

ありがたく相続させていただきましょう。

口座開設に必要なもの

印鑑(シャチハタ以外)

顔写真付きの身分証明書(運転免許証など)

マイナンバーカード

これらが必要です。

顔写真付きのマイナンバーカードなら、運転免許証は必要なさそうです。

ペーパーレス

iPadアプリで必要情報いれて、口座開設ができます。

オンラインなので内部的な登録が、紙より速くて人手がかからないんでしょうね。

時代はベーパレス、デジタル化の方向に間違いなく行ってますね。

全て入力して、身分証明書をアプリ上で写真撮って登録。

なかなか良いじゃないですか。

まとめ

ただ残念な事に、最後に印鑑登場です。

署名と捺印を「紙」にしなければなりません。

印影もデジタル化するんだろんけど、なんか残念な感じがしました。

良い加減、印鑑ってやめる方向でいかないのかな。

口座開設してくれた方が、不慣れなようで40分くらいかかってしまいました。

その上、電話できちんと届いているか確認してました。

メール届いてますか?

と電話で確認みたいで、すこし笑えました。

帰り際に、いつから導入したのか聞いてみたところ。

今月からと言っていたので、まだ2週間くらいですね。

不慣れでも会社の方針に従ってアプリを使っているのですね。

やっぱり大きな会社はしっかりしてますね。

勉強になりました。

v(。・・。)ツイテルイエッイ♪

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)