Apple Watch3で実際に飛行機に乗ってみました〜QRコードの反応がイマイチなのが唯一の弱点です

Apple Watchの画面

Apple Watchで飛行機に乗ってみました。

腕時計をかざすだけで飛行機に乗れる!

文字にするとなかなか未来がきたって感じです。

QRコードをApple Watchに表示するだけですけどね。

良い点

チケット、携帯などをいちいち取り出さなくて良いのはとても良いです。

なんといっても腕にはめているのですから。

Suicaで電車に乗るみたいで気軽な感じがカッコいいです。

旅慣れている感じといいますか。

悪い点

読み取る機械に、Apple Watchの画面をピッタリとつけないと反応が悪いです。

JALのアプリからチケットを表示させると、時計をひっくり返した時に画面が消えてしまいます。

反応が悪かったり、QRコードが消えてしまったりで、列の流れが止まってしまい、申し訳ない気分になります。

使った感想

実際に、使ってみた感想としては。

「まー、便利なような気がするね」

程度でした。

ただiPhoneのWalletに戻すか?

と聞かれれば

「戻しません」

と答えますが。

以上です。

v(。・・。)ツイテルイエッイ♪

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)