ふと思った。

商売は絶対に儲けなくてはならない。

儲けるといっても「お金」を目的にしている訳では決してない。

お金ってなに

大切なもの。

でも、お金そのものには価値はない。

国がその価値を保証しましたよという、コインであったり、紙であったりする。

原価を考えたら1万円の原価なんてたかがしれている。

お金自体には何の価値もない。

仕事ってなに

もともとは物々交換をしていた。

自分が作った物、採った物をそれぞれに交換していた。

より良い物が欲しければ、より価値のある物、よその人が是交換したいと思う物が必要。

良いものであれば皆んなが欲しがり物の価値は上がる。

結果的に良いものを作る人のところには沢山の人と物が集まる。

現代は資本主義なので、その目安がお金になった。

とってもシンプルに言ってしまえばこんなところの筈。

お客様の声をよく聴いて、お客様に喜んでいただいて成果を出すのが仕事。

小さな会社は価格競争してはならない

現代社会は物が溢れてるいる。

消費者は選びたい放題。

そのなかで「価格」で差別化をするなら「価格」という価値観でしか評価されない。

価格という価値観しかなければ、選ぶ方は同じような物ならより安い方を選択する。

そしてより差別化する為に価格を下げる。

値引き前と同じ利益を得る為には、多売しなくてはならなくなる。

多売できるのは、販売のチャネルが沢山ある大手には絶対かなわない。

ブランドとは

ブランドとはもともと「信用」という意味。

人に喜ばれるものを追求した結果、信用ができて価値あるものとなった。

高いものが良い物ではない。

良い物だから高くなった。

お客様と自分と真摯に向き合った結果。

等価交換

うちは飲食店をやっている。

下町の居酒屋なのでお客様単価3,800円前後。

お客様に3,800円分の飲食を提供して、3,800円頂いたら等価交換。

提供した清算したで関係は終了。

商品だけでなく、サービス、空間など目に見えないもので付加価値をつける。

支払ったもの以上の価値を感じていただかなくてはならない。

そしてお店の「ファン」になっていただく。

ファンは価格では選ばない。

商売は絶対に儲けなくてはならない

利益は社員とその家族が豊かになる為に必要。

取引業者さんも豊かになる為に必要。

そして会社の未来を作る為に必要。

知恵を使ってお客様のお困りごとを解決する。

誠実にお客様と向きあってファンになっていただく。

お金の為に仕事をしてもつまらない。

会社を良くして。

社員を幸せにして。

お客様を幸せにして。

地域をよくして。

日本をよくして。

次世代、そのまた次世代が目を輝かせて生きていける日本にしたい。

その為に今できる、目の前の小さな事に全力取り組む。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら