『人を信じる事が出来なくて、ものすごい自己嫌悪になった』

夕日があたるビル

とても長く働いてくれている社員さんがいる。

ものすごい才能をもっている人である。

真面目でとても信用している。

怒ってしまった

でも要領の悪いところがある。

その人なりに一所懸命にやっているし改善しようともしている。

でもその人の悪いところばかりみて怒ってしまった。

ものすごく反省している。

原因はなんだ

要する自分が出来ていない事。

出来なくてモヤモヤしている事を相手に投影して、八つ当たりの様に怒ってしまったのではないか。

本当に相手のことを考えて心配しているとは思えない行動だった。

出来ていない事を、どうすれば出来るか一緒に考えられなくてどうする。

なにが社員教育だ!

「相手の立場に立って考える」

いつも「お客様の立場に立って考えなさい」と言っているのに全然自分が出来いない。

ものすごい自己嫌悪。

まとめ

相手は自分をうつす鏡。

反省しろ!

そして改善しろ!

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。