娘の幼稚園友達のママで、アーティストである川崎いづみさんの展覧会があるという事なので、家族で出かけてきました。

19人のアーティストによるグループ展。

最終日ということもあってかなかなか盛況でした。

ギャラリーカフェ 赤坂 ジャローナ

千代田線 赤坂駅から徒歩3分。

駅近でとてもアクセスが良い場所。

カフェと併設されているスペース。

住所:東京都港区赤坂2-6-22 デュオ.スカーラ赤坂II B-102

電話:03-3587-6810

展覧会のコンセプト

ミニ額によるアート展なので小さな額に入っている。

アート作品をもっと身近に感じられる生活文化となるよう、飾りやすいサイズのミニ額から発想する様々なジャンルのアート作品を一堂に展示し販売します。

案内のハガキより

なるほど確かに様々なジャンルの小さな作品が飾ってあった。

小さな額に入っているというコンセプトは一緒なので、雑多な中に統一感もあった。

川崎いづみさんの作品

▲ 架空の昆虫を描いている。

彼女は子育てが忙しいなか作家活動を行なっている。

時間を見つけては、繁華街に出かけて色んな人を眺めているそうだ。

人は顔形、人生などプロフィールが被る人が誰一人としていないことにとても興味がある。

そんなところから発想して、この作品を制作したと話してくれた。

▲ いくつか気に入った作品があった。

かなり高価な額の端材で作ってある。

大きな額になったらかなりの存在感になりそうだ。

小さい額だと派手な素材ながら威圧感がなく、その中に描かれている奇妙な昆虫達の存在感のバランスがとても良く楽しめました。

▲ 1番のお気に入り。

川崎いづみさんのFacebook

もう一本いかがでしょうか

以前に参加したイベント

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら