【経営計画発表会を開催した】

うちの会社は、プロフィールに書いてあるとおり錦糸町で小さな飲食店を経営している。

私で2代目、おかげさまで40年続いている。

小さな店ではあるが、夢はデカイぞ!

飲食店以外にも挑戦していきたいと思っている。

そして、9月11日は経営計画発表会を開催。

経営計画書

▲ 数字と文字で今期の方針を書いてある。

ここに書いてあることを、いかに実行できるかで今期の業績が決まる。

書いておかないと社長も忘れるし。ていうか社長が一番忘れるし。

今年で4冊目。

経営計画発表会

期首に今期の方針を発表する会を開催。

▲ 社員数は5人、今年はお客様の数が物凄いことになってしまった。

きちんと会場かりて本格的な会なのだ。

各種表彰したりする。

そして、ここで45分話すのに一週間、頭から湯気だしていた。

話す訓練をしてこなかったので、アドリブで話すことは出来ない。

以前の3回は、簡単な原稿しか用意しなくて大失敗。

今回は話すことを全部原稿にして用意した。

練習もした。妻にも聞いて貰った。

文字数で、一万一千文字。

よく頑張って書いた。

親指シフトの練習にもなるってもんだ。

感想

今年で4回目の発表会。今回はいい会になった。

以前は社内の関係性がよくなく、社長に抵抗する勢力も強かったので開催も辛かった。

でも諦めないて続けるのが大切。

続けていればなんとかなる。

大切なことだからもう一度

「諦めないことが大切」

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。