寝ていると首が痛くなります。

枕の高さを変えてみたり、枕の代わりにバスタオルをたたんで使ってみたり。

色々と試してみていますが、なかなかシックリきません。

かといって、枕の専門店的なとこで相談する気にもならず。

試していないけど、なぜか枕に対して、お金を払う気にならないので。

寝つきはいいのですが、夜中に何度も目を覚ましてしまいます。

寝ている時

仰向けで寝ていると、首を持ち上げられて、喉がつまるような感じ。

それなら、横向きで寝るか。

肩が邪魔で、首がリラックスしない。

ああ、、。

面倒臭い首だ。

それなら、枕なしだ!

と枕を外すと、首を支えて疲れてくる。

などと、毎晩格闘をしています。

寝つきはいいのですが。

すこしネットで調べてみた

枕の高さ、素材を変えなさいという人。

姿勢の事をいう人。

ストレートネックという頚椎のカーブがない為だという人。

様々な情報が飛び交っておりました。

うちの子供はそんな事いわない

うちの子供は首が痛いなんて言わない。

赤ちゃんなんかは、床でも寝ている。

という事は。

姿勢と首の柔軟性か。

確かに、PCやスマホを見ている時間が長い。

慢性的に肩、首が凝っていて、軽く頭痛とかする事もよくある。

ならば、姿勢を気をつけるとストレッチをやってみよう。

ストレートネック

ストレートネックという症状があるようです。

本来首は適当なS字カーブを描いているもの。

そのカーブがなくなってしまう症状。

本来ならカーブによって頭の重さを分散するところ。

真っ直ぐになってしまい、分散できなくなって首や肩に負担が掛かってしまう。

それによって、神経痛が発症してしまう。

原因

いくつか原因があるようですが、姿勢が悪いというのが1番の原因みたいです。

参考にしたサイト

ストレートネックどっとこむ
http://www.straight-neck.com/

そこで

  • 首のストレッチをする
  • 姿勢を気をつける

この二点でしばらく対策してみます。

首のストレッチ

これまたネットで調べたら、要するに首筋を伸ばすのが良いみたい。

そこで、トレーニングで使っている。

ストレッチポールのハーフカットで首筋を伸ばします。

ストレッチポールのハーフカット

姿勢

PCやスマホを使う時に、うつ向かないように意識する。

そして、これは高岡さんに習ったのですが、四つ這いをやる。

この2点で攻めていきます。

なぜ四つ這いか

ランニングは、いかに無駄に筋肉を使わないかが問題になります。

そこで、正しい姿勢を身につける為のドリルとして、高岡さんに習いました。

最近サボっていました。

いい機会なので、首と絡めて毎日再開しましょう。

まとめ

首が痛いのは本当に不快です。

長時間寝ても、寝た気がしません。

ストレッチと姿勢。

自分で出来る事としてしばらくやってみます。

しばらくやってみて、また報告します。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら