『親指シフトから学んだ事』

親指シフト配列表

親指シフトという、カナ文字入力の練習を毎朝してました。

約3ヵ月で、1分間の目標文字数(70文字/分)を達成しました。

なのでいい気になって毎日の練習を怠っていました。

親指シフトで、PC入力はしていますが。

毎日15分の練習してた頃

分速70文字が出るまでは、毎朝15分間テキストをみながら練習してまいた。

約3か月で目標に達成。

油断して毎朝の練習をやめてしまいました。

そしたらなんと

新しいキーボードを導入して環境が変わったので、久しぶりに時間を計ってテキストを打ってみました。

ガーン!

分速49文字まで落ちてました。

なんとここまで落ちているとは。

ここのところミスタイプも多いし、気を付けなくては思っていた矢先なのでかなりショックを受けました。

今回の事で学んだ事

社員達には

「仕事は日々の積み重ね。小さな改善を繰り返して磨いていくのだーっ!」

と言っているのに自分が日々の改善をおろそかにしてた。

あはは。

よい経験が出来ました。

より実感込めて言えますね。

「日々の繰り返しが大切なのだー!」

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。