【勝沼のほったらかし温泉は絶景露天風呂】

休みの日。

お店は基本年中無休。

お盆も通常営業。

そして、私も通常営業。

私は特に会社の用事が無ければ、土曜日を休みにしている。

上のおねーちゃんが、プールに行きたいと言っている。

下の子は、オムツなのでプールに入れない。

そして、下の子は私に似たのか男の子の本能か、車に乗るのが好き。

て言うことで、おねーちゃんと妻はプールへ、私は息子とドライブへ。

そして、行ってきました。

「ほったらかし温泉」

勝沼インターから30分くらい。

甲府盆地を一望できて、富士山も見える絶景露天風呂。

▲ こんな眺め

▲ あっちの湯とこっちの湯

あっちの湯の方が眺めが良いらしいので、あっちの湯へ

売店のオジサンに聞いたら、落ち着いて入るなら、こっちの湯。

眺めが良いのは、あっちの湯。

と教えてくれて、今回はこっちの湯を選択。

お風呂の中は撮影禁止。

最初は熱いお湯かと思った。

入っているうちに熱さが気にならなくなる。

ダラダラ入るのに丁度よい感じ。

屋根が無いので日焼けするな。

キャンプ場もオープンしたらしい。

キャンプは得意じゃないが、小屋サイトもあるようので泊まるのも良いかも。

今回は、思いつきで来たのであまり時間が無かったので、時間がある時にユックリ来て、こっちの湯も制覇しよう。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。