はっ!大変なことに気がついた!毎日のルーティンワークで手が一杯である

毎日のルーティンワークをやるだけで、1日が終わってしまう。

どうしたことだ!

薄々は気がついていたけど、見て見ぬ振りをしていた。

これは、大変な事だ。

社長としての仕事をやったり、考えたりする時間がない。

現場で接客しないだけで、これでは社員と同じ仕事をしている。

なんとかしないといけない。

いま思いつく解決策は、事務仕事などの作業を毎日少しづつやってリズムをつけていく。

早起きして時間をつくる。

以上。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。