『酉の市で熊手』

大きな熊手

「酉の市」に行って来ました。

日本最大の酉の市が立つ、台東区にある「鷲神社」。

高校卒業して、鹿児島から上京してきた若い社員を連れて。

酉の市も経験だという事で。

酉の市

酉の市は、鷲神社、酉の寺、大鳥神社など鷲や鳥にちなむ寺社の年中行事として知られる。また、愛知県名古屋市の稲園山七寺(大須七寺、長福寺)など関東地方以外でも行われる[3]。多くの露店で、威勢よく手締めして「縁起熊手」を売る祭の賑わいは、年末の風物詩である。

Wikipediaより

鷲神社

11月の酉の日に行われるお祭り。

日付けに十干十二支を当てて酉の日に行われる。

その年の日の巡り合わせで、2回の年と3回の年がある。

今年は、三の酉まである年。

三の酉まである年は、火事が多いと言われている

熊手を買う

値切る!

このやり取りが楽しい。

そして、値切った分をご祝儀とするのが粋な買い方とも言われている。

若い社員に値切らせて見た。

上手くいかないので、結局口を出してしまった。

これが、いけないんだよね。

一所懸命、やってくれたのでご祝儀もはずんでおきました。

手締めも威勢良くやってくれたし楽しかった。

感謝の気持ち。

感想

連れて行った夜の日報に、酉の市行って楽しかったと書いてありました。

嬉しいではないですか。

連れて行って良かった!

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。