5月23日〜25日で有限会社ウィルウェイ主催の100年塾という経営塾に参加してきました。
場所は熱海のかんぽの宿で合宿です。

そちらの合宿でお昼にいったお寿司屋さんが「淡島寿司」です。
創業昭和26年のお寿司屋さんです。

ランチで「アジのたたき定食」を注文。

鯵たたき定食

ビックリなのは、生簀からだしたアジをさばいてくれるのでアジがピクピクと動いておりました。
飲食店やっておりますが結構驚きがありますね。

もちろんにぎり鮨もかなりのレベルで美味しいですが追加オーダーした初代が考案したという「納豆巻」が一番の印象に残っております。
日本で初めて納豆巻きを出したそうです。

当時は納豆巻なんかお寿司屋さんでは出さなかったそうで、かなりゲテモノ扱いされたそうですが今では一般的な巻きものですもんね。
納豆がふわふわで一味ちがう納豆巻きがオススメです。

淡島寿司の納豆巻

最後は100年塾恒例のジャンケンでお支払決定です。
勝った人はお支払いしてくれた人にお礼しないとね。

ごちそうさまでした。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら